MENU

いくらかかるの?タトゥーを綺麗に消すクリニックってどこなんだろう

 

80年代に中森明菜さんの「TATTOO」と言う楽曲がヒットしましたが、
この頃タトゥーなどと言うと、任侠の世界で背中に大きく登り竜を入れてるイメージで、
とても一般の人がするものではありませんでした

 

それがいつしか、おしゃれ感覚で男性のみならず若い女性にも流行るようになってきましたね。

 

腕にワンポイントで入れたり、胸元に小さめのものを入れてチラつかせたり、

安室奈美恵さんのように子供の生年月日のバーコードを入れたりと本当に多種多様!
恋人同士で同じものを入れたりして、どれだけ本気の愛情かをはかっているような人もいますね。

 

しかし、基本消せないタトゥーですから、やはり後悔はつきものです。
もし、消したくなったら消せるんでしょうか…

 

今回は、タトゥーは消せるのか、またいくらかかるのか検証していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

簡単に消せない!そもそも刺青ってどんなものなの?

 

タトゥーって現代の文化なのかな?
一体いつから誰が何のために始めたの?
と、ふと思いました。

 

しかし、世界ではなんと紀元前6000年も昔のミイラにタトゥーの痕が発見されているのだとか!

かなり古い歴史があるんですね。

 

それにしても肌は新陳代謝が盛んに行われ、1日100万個ほど細胞が生まれ変わると言われているのに、
なぜタトゥーは消えてしまわないのでしょうか。

 

簡潔に言ってしまえば「肌の深層である真皮に色素を定着させる」ということのようです。

 

昔は手彫りで彫り師が地道に打っていた覚えがありますが、
現代では機械彫りが主流のようで、針は約2ミリほど差してインクを染み込ませるのだとか。

 

2ミリと言っても何だか想像すると怖いイメージですが、
タトゥーを入れる人はどうやらそこまで想像してはいないのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

値段も対応も良心的!ガーデンクリニックがおすすめ

 

そんな真皮にインクを染み込ませるタトゥーですが、

 

・どうやっても消せないのでは?

 

・あきらめるしかないんだ、きっと...

 

とは思わないでくださいね。
タトゥーを消すクリニックはたくさんあります。

 

ですが、信用が出来てトラブルにならないところを選びたいものです。

 

その中でも評判が良いといわれている「ガーデンクリニック」。
一体何が評価されているんでしょうか。

 

 

 

対応が驚くほど迅速!メール送信からすぐ連絡が

 

悩んでいる時はどうですか?

誰かに相談したくなったら、すぐしたくないですか?

 

ガーデンクリニックは土日祝も営業していて、10時から19時まで対応しています。

 

電話では言いたかったことを忘れるなんてこともありますが、メールでの無料カウンセリングを受け付けているので予約をしておきましょう。
日中は仕事で電話できなくても、帰宅後に落ち着いて相談内容を送信できます。

 

ガーデンクリニックは、深夜のメール送信でない限り、即日連絡をいただけることがほとんどだそう。
タイムラグが少ないのって好印象ですよね。
迅速に悩みに対応してくれそうです。

 

 

不安な気持ちを払拭!丁寧な説明と親切な対応

 

無料カウンセリングに行った体験談でも

 

「症例写真とともに治療の説明を詳しく教えてくれた」
「なぜこの手術法を勧めるのかの具体的な提示があったので納得した」
「皮膚のトラブル防止のために2回に分けると言う説明が説得力があった」
「カウンセラーの後に必ず医師が来て、丁寧に時間をかけて説明してくれた」

 

など、こちらが不安に思っていることを解消してから手術に挑めるようにしてくれると大変評判なんです。

 

「とてもきれいに細かく縫っていて、半年ほどでほとんど分からないほどになった」
「手術も痛みは全くなく、時間は短めに手際よく、また術後すぐも多少突っ張る程度で問題を感じなかった」

 

など、実際の医師の腕前にも定評があります。

 

親切丁寧な対応と確かな技術。
やっぱりこれがあるから安心して自分の生身の体を任せられるのでしょうね。

 

 

看護師さんも親切だからリラックスできる

 

 

 

 

手術は必ず緊張するものです。
不安もありますよね。
いくら医師の腕前が良くても、スタッフの対応が悪いと不安をあおるだけです。

 

 

 

「看護師さんが手術中も気を使って話しかけてくれてリラックス出来た」

「緊張しながら相談に行ったが、スタッフも医師も感じが良くて安心した」
「看護師さんの処置がとても丁寧だった」

 

など、クリニック自体の雰囲気を評価する声も多く見られます。

 

腕が良い医師や仕事が出来る看護師はいくらでもいますが、
やはり人間味のある医師や看護師に任せたいのは当然な心理です。

 

 

値段が良心的でモニター制度もある

 

そうは言っても値段って気になりますよね。

理想は「出来るだけ安く」「でも確実に失敗なく」です。

 

タトゥーの除去費用は大きさや内容によって違ってきますから、一概には簡単に比較することは難しいようですが、
ガーデンクリニックは他のクリニックより費用が良心的だと評判であったり、モニター価格を設定していたりするようですから、
費用面で不安のある人は是非ガーデンクリニックで一度無料カウンセリングをすることをおすすめします。

 

また、ガーデンクリニックでは施術のビフォーアフターの写真掲載や体験談をメディアに掲載する前提で施術するモニター制度を設けており、
そのモニターの協力度によって割引率を決定して値引きする制度があります。

 

  • タトゥー除去費用の割引(露出度によって割引率アップ)
  • メディアに掲載予定ですから、もちろん綺麗に除去する前提で安心

 

などの嬉しいメリットもありますから、
露出が気にならない人には断然おすすめのクリニックなんですよ。

 

 

手術が怖い!でも隠したい人に「カクシーラー」がおすすめ

 

手術しようとすると時間も費用も掛かります。
特に広範囲のタトゥーなら当然です。

 

今すぐ消したい!
一時的に今だけ消したい!というときにおすすめしたいのが「カクシーラー」です。
今流行のワンポイントタトゥーを消すのにも最適です。

 

 

シミやアザも消せる!タトゥーは重ね塗りでカバー

 

アラフォー世代にもなってくると顔のシミが浮き出てきますよね。
必死でコンシーラーで隠すのですが、この「カクシーラー」は顔のシミだけでなくアザや傷跡やタトゥーなど、濃くて大きめのものにも対応しています。
カクシーラーのカバー成分は通常のものより4.5倍配合されているからです。

 

とにかくしっかり隠す!

結婚式に間に合わない…

就職面接に間に合わせたい…

 

そんな時に頼れる存在なんですよ。

 

 

重ね塗りでも保湿成分でしっかり伸びる!

 

ついついしっかり隠したくて重ね塗りを何度もしがちです。

薄いシミでもそう思うのですから、タトゥーならなおのことですね。

 

しかし、重ね塗りをすると厚ぼったくなったり、乾燥したりするんです。ご存知でしたか?
カクシーラーは、スクワラン・マカデミアナッツ油を配合しているから保湿力があり、しっかり伸びてくれます。

 

薄付きなのに色をしっかり乗せられます。

 

 

すぐとれたら意味がない・水や汗にも強いから安心

 

でもこれだけしっかり色が乗せられるなら、洋服に移ったり汗などで流れたりしないのかな?
そんな心配もありますね。

 

カクシーラーは、水や汗に強いウォータープルーフタイプです。

 

「夏場に長時間そのままにしていても浮いてこなかった」
「持ちが良いから肌に悪い成分があるのかと思いきや、肌トラブルは今のところない」
など、使用感の評価も上々なんですよ。

 

 

タトゥーで後悔するときってどんな時なの?

 

せっかく思い入れがあって入れたタトゥーでも、のちのちに後悔するのは何故なんでしょう?
また、消した方が良いと考えるべき時期ってどんな時期なんでしょうか。

 

タトゥーをまだ入れていない人もそうですが、
タトゥーが入っている人も今一度「タトゥーを消すこと」について考えていきましょう。

 

 

女性は結婚や出産で後悔

 

昔は若い女性がタトゥーなんて考えられなかったのに、オシャレ感覚や若気の至りで、してしまうことが多いようです。
特に女性は彼氏に誘われて彼氏の名前や誕生日を入れることも珍しくないのだとか。

 

若い女性にありがちですが、そのまま関係が結婚まで継続することはあまりないのが現実です。
単なるオシャレデザインでも、ウェディングドレスを着る時に胸元から見えるのは避けたいですし、
好印象ではありませんから「消したい」と感じるのは当然です。

 

また、出産によって「独身の大人の女性」から「ママ」になるわけですから心境的に消したいと思いだすようです。

 

 

日本では当然かも。就職で慌てて取る

 

男性でタトゥーを消したいと感じる時は、圧倒的に就職の時だそうです。

 

橋下前大阪市長が大阪市職員に刺青調査を実施した時も話題を呼びましたが、
やはり日本では根強く「タトゥー=悪人」なんです。
まともな一般人がするものとは考えられていないのですね。

 

土木や製造関係の職人さんなら、許される場合もあるかもしれませんが、普通のサラリーマンや市職員では面接は不採用になるでしょう。
若い時にオシャレ目的で入れたのでしょうが、
現実に真剣に向き合うとタトゥーは消す方向で考えるのが普通なんでしょうね。

 

 

温泉やプールなど公共施設が使用できない

 

昔から公共施設での「暴力団関係者お断り」の看板はありましたが、タトゥーお断りの文言も未だにたくさんあります。

独身ならともかく結婚して子供が出来たのに、公共の施設が使用できないのは非常につらいと思います。

 

子供が出来ると分かりますが、子供を連れて行く旅行先での風呂や温泉、プールが使用できないのは子供にも申し訳なく感じることが多いようです。

 

 

 

保険の加入やMRIなど健康関係でネックが

 

あまり有名ではありませんが、タトゥーのデメリットで「保険の加入を断られる」と言うものがあります。

私は保険会社の事務員をしていたことがあるのですが、告知書にもタトゥーの項目があったと記憶しています。

 

また、MRIなどでタトゥーのインク中に磁性体や鉄の粉が配合されていた場合、MRIの磁気に反応して火傷や変色を起こす危険があるのです。
健康面でもかなりのデメリットがあるのですね。

 

 

 

 

 

 

いざタトゥーを消す!方法と値段・メリットやデメリットは?

 

いざタトゥーを消す決心をしたところで、手術にはどんな方法があるのでしょうか。

 

タトゥーを消すにあたって手術の種類を知っておきましょう
費用についてはクリニックによってばらつきもあり、タトゥーの大きさでも異なります。
あまり大きいものでない限り30万円あれば消すことが可能な場合も多いようです。

 

費用面も含め、メリットやデメリットもありますのでしっかり検討してみましょう。

 

 

色に反応させるレーザー

 

レーザーで濃い色に反応させ、繰り返し照射してタトゥーを消す方法がレーザー除去です。
1cm×1cmの大きさで約1万円

 

でも回数によって金額が変わってきますので、その辺は注意しておきましょう。

 

 

レーザー治療のメリット・デメリット

 

術後のダウンタイムも少なくて済みますし、薄いものや小さめのタトゥーなら簡単に低価格で消せるのがメリットです。
ただ、広範囲であったり色が単色でなかったりすると向いていません

 

一回の金額にとらわれず、何回くらいで消えそうかカウンセリングでしっかり確認しておく必要もあります。

 

皮膚を切って縫い付ける、切除逢縮

 

読んで字のごとくタトゥーのある皮膚を切り取り、縫いつけて一本の傷にする方法です。
1cm程度で約2万5千円くらいが相場です。

 

 

切除逢縮のメリット・デメリット

 

皮膚は伸びると考えられがちですが、思っているより伸びないのが事実ですから、
大きさを考えないと皮膚に異常が起こりかねません。

 

お腹など皮膚が伸びやすい箇所で4〜5pまでなど、部位によっても出来るところと出来ないところがあります。
仕上がりがはっきりとした傷跡になるため目立ちます。

 

色素が定着した皮膚を完全に除去できるところ、レーザーより必要回数がはっきりと予測可能なところがメリットでもあります。

 

 

削いで消す、剥削

 

剥削も読んで字のごとく、切除とは違い皮膚の表面を削ぐ方法です。
大きさにもよりますが相場で約¥200,000〜¥500,000ほど考えておかなければならない手術です。

 

剥削のメリット・デメリット

 

広範囲のタトゥーであったり、レーザーでは消しにくい赤などの色に対して「剥削」は向いている方法です。
しかしながら、皮膚の表面を削ぐ方法ですから、完全に消せるとは断言できません

 

取り切れないタトゥーはレーザーで照射したりとレーザーと並行して行うこともあります。

 

 

大がかりなうえ高額な皮膚移植

 

一番大掛かりとも言える皮膚移植。
太ももやお尻などから皮膚を切り取り、その皮膚でタトゥーをふさぐのです。

 

大きさにもよりますが相場で約30万円〜60万円ほどと、かなり高額です。

 

 

皮膚移植のメリット・デメリット

 

広範囲のタトゥーや消すのが困難なタイプのタトゥーに向いている方法ですが、
高額な上ダウンタイムも長めに見ないといけません。
またタトゥーがなかった箇所にも目立つ傷跡が残りますから、見た目が非常に悪くなる可能性が大きいです。

 

確実に一回で除去できるため、時間や精神的ダメージは少なくて済むかもしれませんね。

 

 

 

どんなことに気をつけてクリニックを選べば良いのだろう

 

まずタトゥーの除去は、色や大きさ、部位によっても方法が異なり、もちろん費用も変わってきますので
一概には費用がいくらかかるのかは分かりにくいものです。

 

例えばレーザーなどは1回の費用を提示されたところで、何回行わなければならないかで違ってくるわけですから
カウンセリングでもトータルの費用を提示してくれるところを選びましょう。

 

明朗会計で、途中で加算されることの無いようにしっかりカウンセリングの時点で見極めないといけません

 

また、同じタトゥーの除去手術でも、医師の腕前でも全然変わってきます。
失敗するとその後の治療も大変です。

 

目安としては「日本形成外科専門医」であることを確認してください。
大切な体ですからカウンセリングで質問したり、いくつかクリニックを回ってみるのもおすすめです。

 

値段だけで安易に決めないようにしましょう。

 

 

 

クリニック選びを間違うとトラブルが起こる可能性大

 

一番注意してほしいのは

 

「元通りのように綺麗になります」と言うような良い事しか言わないクリニック

 

です。

 

タトゥーの除去手術はそんなに簡単に出来るものではないのです。
この基本を押さえておかないといけません。

 

銃で撃たれたような痛みに耐えながら手術を終えたと言う人が多数なほど、手術も大変なのです。
術後の状態もケロイド状態になったり、後遺症で悩む人も少なくないのが現実。

 

安易に費用の安さ・家から一番近い・ネットで検索したら出たから
と言う理由で簡単には決めず、
カウンセリングでこちらの条件やタトゥーの状態などをしっかり考慮して
納得のいく説明や費用を提示してくれるクリニックを選ぶようにしてくださいね。

 

 

これからタトゥーを入れようとする人へ・入れる前の心構えとは

 

これからタトゥーを検討している人もそうですが、タトゥーを消したのに、また入れたくなる人がいるかもしれません。
そんな時はデメリットをもう一度ふまえて検討してください。

 

 

日本ではタトゥー=悪人?マイナス面は覚悟しよう

 

アメリカではタトゥーをしているからと公共施設で拒否されることは少ないのだそう。

確かにアメリカ人は一般人でも普通にタトゥーを入れていたり、日本ほど以前の経歴を気にする文化でもありません。

 

しかしここは日本です。

タトゥーをしている人に、まともなイメージがあるはずもなく、結婚や就職ではメリットなど全くと言っていいほどありません

 

この日本人のタトゥーへ対する偏見を考慮すべきですし、
それは自分だけでなく、これから家族になる人や今の家族に対しての配慮もしっかり考えましょう。

 

 

女性にありがち・彼氏の提案など容易に受けないでおこう

 

先述しましたが、女性だと彼氏の提案を断れない傾向にあります。

 

自分が入れたい願望があるならともかく、彼女に安易にタトゥーをすすめる時点で
それが本当の愛情かどうかも見極める冷静さも重要になってきます。

 

よく考えてタトゥーを入れた人でも、半数以上が後悔しているのが現実です。
安易にタトゥーをするのは絶対やめて下さいね。

 

 

自分の人生や生活に必要か?またあっても問題ない環境か

 

タトゥーはその時のノリのような軽い感覚でするものではありません。
ロックスターが入れたり、任侠の人が入れる意気込みほどの熱意が自分にあるのか、
またその後の人生において不都合はないのか、一生をともにする覚悟があるのかを考えましょう。

 

そして、ライフスタイルは変化していきますから、今後タトゥーがあっても問題の無い環境で生きていけるのかもしっかり考慮してくださいね。

 

 

タトゥーを消すのは大変!ガーデンクリニックでトラブル回避しよう

 

タトゥーを安易に入れる時代になってしまいましたが、昔から現代まで消すのは大変なのです。
タトゥーを入れる時も消す時も「死ぬ覚悟」ほどの堅い意思が必要になってきます。

 

消す時もトラブルは多いようですが、出来るだけトラブルの無いようにガーデンクリニックのような
実際手術した人の口コミが高評価のクリニックを選んでいきましょう。

 

自分の体を守れるのは自分だけ。
しっかりとした意思を持って自分の体を大事にしてくださいね。

 

 

まとめ

 

消しゴムで消すかのように「嫌なら消せば良い」と安易にタトゥーを入れる若者が後を絶たないようです。

 

人生進めば進むほど若い時の行動力をうらやましく思ったり怖く感じたりするものです。
人生に後悔はつきものですが、やってしまったものは仕方がありません。

 

タトゥーを入れて後悔しているのであれば、
失敗の無いように上手にクリニックを選んでほしいと思い記事を作成しました。

 

後悔のないクリニック選びで、今度こそきっぱりタトゥーとお別れしてください。

 

 

 

 

 

 

更新履歴
このページの先頭へ